河野洋平氏「日本はまず韓国にしたように朝鮮を植民地にしたことを北朝鮮に謝罪してから経済援助すべき。拉致の話はその後でいい」 ネット「息子の足を引っ張らなくていいから・・」

6pt   2018-06-14 02:03
ツイッター速報

1: 名無しさん@涙目です 2018/06/13(水) 22:15:37.94 ID:CAP_USER9

3c706ad7.jpg


河野洋平元衆議院議長は東京都内で講演し、北朝鮮による拉致問題について、国交正常化を先行したうえで解決に取り組むべきだという認識を示しました。

この中で河野元衆議院議長は、米朝首脳会談について「話し合いが行われたことで平和が近づいてきたと感じた。意味はあったし、大変なことだった」と評価しました。

一方で、日本の対北朝鮮外交について「今、日本がやらなければならないことは、朝鮮半島の植民地化について申し訳なかったとおわびをすることだ。

韓国に対してはおわびして経済援助などを行ったが、北朝鮮とはまだ国交もなく、できずにいる。

韓国と同じくらいは北朝鮮にもしないといけない」と指摘しました。

そのうえで「拉致問題という大変難しい深刻な問題があるが、国交も正常化されず、植民地問題も処理できてない国に対して、ただ『返せ、返せ』とだけ言っても解決しない。

国と国との関係を正して返してもらう手順を踏まざるをえないのではないか」と述べ、国交正常化を先行したうえで拉致問題の解決に取り組むべきだという認識を示しました。

c?ro=1&act=rss&output=no&id=5473139&name
   芸能人の話題・ニュースまとめトップページへ
の話題が沢山。